誰でもムリなくできる猫ボランティア

猫ボランティアは様々な形で出来ます。

 

これまでや現在も、人生の全てをかけるくらい全力で猫を助けている方々がたくさんおられ、その方々の努力のおかげで殺処分数は昔に比べると年々減ってきています。本当に感謝です。だから私もできる限りのことをしたいと思っています。

 

みんなが目指すのは、行政による殺処分ゼロ!!

 

そのために、意外と簡単にボランティアってできるんだ、ということをお伝えしたいと思います。

 

猫のために何かしたいな、と考えておられる方。

 

ご自身のできる範囲で、気軽に始めてみられたら良いのではないかと思います。

 

何もしないよりは、何でもいいから少しだけでも行動することで、確実に殺処分ゼロへ繋がります。

 

一人でしんどい思いをしながらめちゃくちゃ頑張るより、たくさんの人ができる範囲でやりたい事をやっていく方が、ムリなく継続して続けられるのではないでしょうか。

そして、小さな力がたくさん集まって…、日本を変えていく大きなパワーになっていく。そうなってほしいと、心から願います。

 

 

 

⬇︎   難易度を★の数で表しています。(★が多いほど、難易度大)

 ( ※ 私の経験等による個人的な見解に基づいたものです。)

 

 

①  マンパワーによるボランティア活動

 

 

★★★★★ 自らボランティア団体を立ち上げる ( シェルターを作る・里親会の開催・情報交換 など )

 

★★★ TNR活動 ( ノラ猫を捕獲して避妊・去勢手術を受けさせ、元の場所に返すこと )

     

★★★ 地域猫活動 ( 避妊・去勢手術を受けたノラ猫を一代限りの命として、地域の人々に理解を求め、地域の猫としてお世話をすること )

 

★★★ 個人的に保護 ( ※ 保護したら、基本、里親探しをすること。ボランティア団体さんにアドバイスを頂くと良いです。 )

   

★★ ボランティア団体によるシェルター( 殺処分をされないように保護・一時預かりをして、里親探しをする施設 ) でのお手伝い

 

★★ 里親探し型の保護猫カフェでボランティア

 

★ ボランティア団体のメンバーになる ( 寄付・一時預かり・情報交換 など )

 

★ 殺処分ゼロにするための署名活動に参加する

 

★ ボランティア団体の人が募金活動している所に行って、募金する・激励する ( その方たちのエネルギーになります。)

 

 

②  経済的支援によるボランティア活動

 

 

★ 募金する

 

★ 里親探し型の保護猫カフェに行く

 

★ シェルター型ボランティア団体の会員になる ( 毎月一定額を引き落としで寄付する )

 

★ 物資支援 ( キャットフードや猫砂など以外に、おうちで余ったものでボランティア団体さんが希望するものがあれば寄付する。例えば、ラップ・新聞紙・食器用洗剤・タオル など )