教育費の情報

幼稚園入園〜大学卒業までに莫大な教育費がかかることは、皆さんご存じのことと思います。

「具体的にいくらかかるのか」についてですが、お子さんのいるご両親だけでなく、これから子供がほしいと考えていらっしゃる方も、把握しておかれた方が良いと思います。

特に一番かかるのは、受験費用(塾代・受験代等)も含めた大学4年間の教育費です。

 

 

 

ざっくりとですが、子供一人につき、の大学費用の目安です。

 

 

私立大学 (文系) ➡︎   ➡︎   約500万円  ( ※ 学校により、これ以上の金額が必要な場合も多くあります。)

私立大学 (理系) ➡︎   ➡︎   約600万円  ( ※ 同上  )

国立・公立大学  ➡︎   ➡︎   約300万円

 

 

少子化・増税・大学経営難の影響でしょうか、大学費用は年々増加傾向にあります。

私の出身校の場合、当時と比べて1回の受験代が5千円up、1年間の授業料が約30万円(4年間で120万円)upしています。

ということは、例えば今年生まれた赤ちゃんが18年後に大学に通う時は、もっと費用がかかるかもしれません。

さらに、自宅から遠く離れた大学に進学するために一人暮らしをさせる場合、大学4年間のあいだ、毎月数万円以上の仕送りをする必要が出てきます。

 

 

お子さんを大学に行かせたいと考えてらっしゃる親御さん。また、そうは考えていなかった親御さんも。

我が子が高校生になった時に、「どうしてもこの大学に行きたい」「この大学じゃないと学びたいことが学べないんだ(なりたい職業に就けないんだ)」と言われたら、よっぽどの事情がない限り、その想いを叶えてあげたいと思うのではないでしょうか。

 

 

 

そして、できれば「教育ローン」や「奨学金制度」の利用は避けたいものです。

 

★「教育ローン」は、銀行で借りるものとはいえ、消費者金融のア○ムやプロ○スで借りるのと同じ「無担保ローン」のひとつです。クレジットカードの審査にもかかわってきます。

 

★「奨学金制度」は、そのほとんどが返済必要です。最も有名なものは日本学生支援機構(旧日本育英会)の奨学金ですが、あくまでも「貸与」であり、卒業後から返済しなくてはなりません。実質的には教育ローンと変わりありません。

 

 

将来に返済の負担を残してしまうと、親御さんにとってもお子さんにとっても、その後必要になる「結婚資金」「老後資金」の確保に影響が出てしまいます。

 

 

 

★★  そのため、なるべく早い段階から、長期間での教育資金作りの計画を立てることが、重要です  ★★

 

 

 

【  教育資金準備に向いている金融商品  】

 

★ 定期預金

★ 学資保険(こども保険含む)

★ 養老保険

★ 低解約返戻金型終身保険

 

※ 貯め方については、「 貯蓄のコツ 」ページを参考になさってください。

 

 【  貯めるべき金額の確認  】

 

① まずは、お子さん全員分についての「 現在準備できている教育資金 」の総額を確認しましょう。

 

   《  計算方法  》

 

「 預貯金・学資保険等の金融資産の総額 」から「 大黒柱の方が病気ケガ等で働けなくなった場合の緊急生活資金(1ヶ月分の生活費✖️半年分) 」と「 その他、大学進学費用とは別に確保しておく必要がある資金 」を引きます。

( ※ 収入保障保険に加入している場合、緊急生活資金は半年分より少なく見積もっても良いですが、念のため、加入内容の確認をしておきましょう。)

 

        ⬇︎

 

② 次に、必要な「 塾代・受験代・大学費用 」の総額を確認をしましょう。

お子さんの志望校・受験校が決まっている場合は、大学HP等で「受験料・入学金・授業料・その他諸費用」を調べることが出来ます。まだ決まっていない場合は、上記の大学費用の目安を参考になさってください。

 

        ⬇︎

 

③ 「 ①教育資金 」から「 ②必要な費用 」を引いて、プラスかマイナスか確認しましょう。

 マイナスの場合、その金額が「 貯めるべき金額 」となります。

 以下の対策をとりましょう。

 

 

 

⬇︎   お子さんが既に高校生・受験間近の方へ   ⬇︎

 

 

・自動積立定期預金を今月から始める。

 

・大黒柱以外の方も、可能であれば働く。

 

・ボーナスがある方は、なるべく貯蓄にまわす。

 

・まずは「 塾代・受験代・入学金・1年目の授業料 」を確保し、2年目までになるべく貯蓄する。

 

・それでも足りない場合、教育ローンや奨学金制度の利用を検討してみる。(まずは、どんなものかHPで見てみると良いと思います。)

 

 

 

⬇︎   お子さんが中学生になられた方へ   ⬇︎

 

 

・まだ12才なら加入可能な学資保険があるので、預金より有利で保障もつけられる学資保険を探して、積立て始める。

 

・13才以上なら、自動積立定期預金を始める。

 

・自動積立定期預金と学資保険の両方をおこなうのもおすすめ。

 

・大黒柱以外の方も、可能であれば働く。

 

・ボーナスがある方は、なるべく貯蓄にまわす。

 

・まず、1・2年目の大学進学費用を確保する。そして、お子さんが20才になるまでの期間を積立期間と考えて、3・4年目の大学費用の積立をおこなう。

   

・まとまって動かせる資金があれば、なるべく有利な預け方をする。 ※ 元金が守られる商品(保険であれば、必要な時期に解約返戻率が100%以上保障されているもの)を選びましょう。

 

 

 

⬇︎   お子さんが小学生以下の方へ   ⬇︎

 

 

・まず学資保険で積み立てる。(預貯金よりも有利に貯蓄できます。)

 

・中学生以降は塾代やクラブ活動費などの出費が増える可能性があるので、保険を使った月々の積立は続けられる金額で設定する。

 

・保険での積立以外に、自動積立定期預金も平行しておこなう。

 

・ボーナスのある方は、毎月の積立に加えて、半年払や年払での積立をおこなう。

 

・毎月のやりくりで生まれた、給料日前日に残ったお金は、貯蓄用の別口座に移す。

 

 

 

⬇︎これから子供がほしいと考えておられる方へ⬇︎

 

現役世代の私たちが老後を迎える時、私も含めて大半の人は「公的年金だけで生活費・医療費・介護費を100%まかなう」ことはできないと思われます。( 現在年金受給中の方々でさえ、厳しい状況の方は多くおられます。 )

ただ、教育資金と同時に老後資金を貯めていくというのは、現実的にかなり難しいです。

ですので、お子さんが生まれる前に、計画的な貯蓄を始めましょう。

 

・自動積立定期預金を始める。

 

・15年または18年満期の養老保険で積み立てる。(帝王切開時に保険金が受け取れるタイプの入院特約を付けて、妊娠前に加入しておくと良いでしょう。)

 

・15年目以降の解約返戻率が100%以上保障されている終身保険で積み立てる。

 

・まとまって動かせる資金があれば、なるべく有利な預け方をする。