貯蓄のコツ

私自身の20年以上の貯蓄経験や、たくさんのお客さまからお聞きした体験談から、共通する答えが導き出されました。

 

 

 

★先取りで貯める (給料や年金などの収入が入ったら、間髪を入れずにすぐに貯蓄に回すこと)

 

★自動積立で貯める (お金が余ったら貯蓄、では貯まりにくい)

 

★目的・目標額を決める (誰のため・何のために使うのか動機付けすると、続けられる)

 

★早く始める (無理のない範囲で、少しずつでいいので、とにかく早く貯め始める)

 

★なるべく長期間かけて貯める (毎月の積立額を抑えられる。さらに投資系は時間によるリスク分散ができる)

 

 

 

必ずしも、収入が多いことが貯蓄の多さに正比例しているわけではありません。収入が多い人は、お財布の紐が緩みやすく支出も多い傾向にあります。要は、上記のことを押さえた上で貯蓄をやっているかどうか、なのです。

 

 

 

★★★   まとめ   ★★★

 

明確な目的を設定し、先取り貯蓄の自動積立により、可能な金額を長期間に渡って貯める 】というのが、貯蓄のコツです。

 

まとまったお金が必要になるのは主に、子供の進学時・車の買い替え時・住み替え時・退職時とその後、ですよね?

ということは、60代前半(なるべく60才)までには、それらの資金を貯めておく必要があります。

そのために早くから始めた方が良いです。(『そうだな』と思ったそこのアナタ!今日から始めましょう。) 

 

そして、一本化して貯めるのも良いですが、目的・目標額別に、複数の通帳・証書に分けて貯める方がおすすめです。

( いざ使う時にわかりやすく、必要な時期に合わせて一番有利な積立商品を選べるため )

また、後日になって何のための貯蓄だったか忘れてしまわないように、通帳や証書にマジックペン(…でなくても良いですが)で、はっきり目的を書いておくと良いでしょう。